ブラック企業を2週間で辞める方法

ブラック企業を2週間で辞めるための方法についてまとめてみました!

ブラック企業を2週間で辞める方法について

 

現在、ブラック企業で働いている人の中には今スグにでも辞めたい
と考えている人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

実際に僕が勤めていたブラック企業では、
入社して3日で辞めていくような人もいましたが(汗)
ちなみに正式な手続きを踏まずに辞めてしまうことを、
ブラック企業では「飛ぶ」というのですが…。

 

 

 

そんな「飛ぶ方法」ではなく、正式な手続きを踏んだ上で、
最短で辞めるための方法についてまとめてみました。

 

 

 

今働いているブラック企業をすぐにでも辞めたいと考えている人は必見です!

 

 

 

 

最短で辞めることが出来るのは2週間!

 

もしあなたが今働いている会社を辞めようと思った時に、
最短で転職が出来るのは2週間後になります。

 

 

 

それは法律で「退職届を提出してから退職するまでに必要な期間は2週間」
と定められているためです。

 

 

 

会社が引き止めてきたとしても、退職は労働者の自由です。
辞めたいと思った日に2週間後の辞める意思を伝えるためにも
「退職届」を上司に提出をしましょう。

 

 

 

 

 

 

ただこの時に気をつけておきたいのが、退職願ではなく退職届を出すことです。

 

 

 

退職願いは、「辞めたいのですが良いでしょうか?」とお願いをしていることになるので、
必ず退職届として提出することが重要です。

 

 

 

もし会社が受け取りを拒否してくるようなことがあれば、
内容証明郵便で退職の意思を伝えるのも一つです。

 

 

 

 

2週間の間に転職活動をすることも可能

 

もしあなたが今働いている職場を辞めて、転職を考えているのであれば、
転職活動を始めるのは早いに越したことはありません。

 

 

 

究極なことを言ってしまえば、2週間後に辞めるという旨を伝えて、
余っている有給休暇をその2週間に当てて転職活動をしてもいいのです。

 

 

 

ただ、さすがにそれは出来ない…という人は、
働きながら転職活動をしていくことをオススメします!
(働きながら転職活動をするための3つのポイント)

 

 

 

ブラック企業は個人的な意見としては、
1日でも早く辞めた方がいいと思っています。

 

 

 

実際に僕はブラック企業の経験から鬱病になってしまったので、
もしブラック企業で働いていてつらい想いをしている人がいれば、
是非次の職場を見つけて1日も早くブラック企業を辞めて下さいね。

 

 

 

27歳の僕がパワハラ会社で鬱病になってしまった話」も見てみて下さい!