ハローワークにブラック企業が多い理由について

ハローワークで転職先を探すのは危険?ブラック企業が多い理由とは…

ハローワークで転職先を探す時に気をつけたいブラック企業の存在…

 

僕が転職先を探す時に、周りから強く止められたことがあります。

 

 

 

それはハローワークで求人を探すことでした。

 

 

 

実際に僕は1社目でブラック企業を経験して鬱病になってしまった経験があるので、
2社目の転職では絶対にブラック企業に転職はしたくない!と思っていたので、
周りの友人も僕に色んなアドバイスをくれていました。

 

 

 

それほど、ブラック企業に勤めたくないなら
ハローワークを利用するなと言われる理由はなぜでしょうか?

 

 

 

なぜハローワークにブラック企業が多いのか?という理由は、
ハローワークの仕組みをしっかりと理解しておく必要があります。

 

 

 

 

まずはハローワークの仕組みを理解しておこう!

 

通常、企業が人材を募集しようと思った時にはどうしても費用がかかってしまいます。
ただハローワークの場合、求人広告を出すにあたって広告費用がかからないため、
全て無料で掲載をすることが出来ます。

 

 

 

またハローワークを通して人材の採用が決まることで、国から助成金や給付金が
入ってくるケースもあるため、企業としては非常にありがたい存在なのです。

 

 

 

企業としても募集を出そうと思えば、簡単に雇用条件を書いた紙を提出するだけなので、
特にリスクもないため多くの企業がとりあえずハローワークに求人を出している状態です。

 

 

 

だからこそ、ブラック企業も多いのが現状です。

 

 

 

仮にハローワークを通してブラック企業に入ったからといって、
ハローワークにクレームが入るわけでもありません。

 

 

 

ハローワークは、正直いってしまえば「国の事業の一環としてやっているだけ」
なので、流れ作業のように扱われて結局ブラック企業に入ってしまった…
という経験をしたことがある人も非常に多いのではないでしょうか?

 

 

 

僕は友人からハローワークは辞めておいた方がいいと言われたので、
利用することはしませんでしたが、ハローワークでの転職を考えている人にとって、
メリットとデメリットについてそれぞれまとめてみました。

 

 

 

 

ハローワークを利用するメリットとデメリット

 

 

メリット

求人数は非常に多い
失業保険の手続きが一緒に出来る

 

 

デメリット

ブラック企業が多く混ざっている
実際には募集していない求人も多い
内部情報などは教えてもらえない

 

 

 

ハローワークでは無料で求人が掲載出来ること、
また採用をしたら国から給付金や助成金がもらえることから、
企業が求人を出している数も多いことは多いのですが、
実際に人材の採用が決まってもそのまま求人が出しっぱなしに
なっているケースも少なくありません。

 

 

 

そのため本当に募集を出している企業の数は少なくなってしまいます。

 

 

 

ただ失業保険や再就職手当を目的にハローワークへ行く機会があるのであれば、
ちょっと合わせて求人を探してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

ただハローワークでは転職先の募集条件しか把握をしていないため、
実際の内部情報(残業時間、休日出勤、人間関係など)については、
教えてもらうことが出来ません。

 

 

 

そこで僕自身がオススメするのが、ハローワークで見つけた求人を転職エージェントに伝えて、
内部情報などを教えてもらって転職のサポートも全てしてもらうことです。

 

 

 

求人の選択肢は少ないよりは多い方がいいと思いますので、
もしあなたがハローワークに行く機会があれば、
どんな求人があるかだけ調べてみてもいいかもしれません。

 

 

 

27歳の僕がパワハラ会社で鬱病になってしまった話」も見てみて下さい!