求人広告で転職先を探すのは危険?ブラック企業に入らないための心得。

求人広告で転職先を探すのは危険?!ブラック企業に入らないための心得

求人広告で転職先を探してブラック企業に入ってしまいました…!

 

僕が以前、転職先を探す時に求人広告を利用して、
ブラック企業に入ってしまった経験についてお話をしますね。

 

 

 

まず、求人広告と言っても種類がが求人誌とネット求人に分かれます。

 

 

 

よく街中を歩いていると見かけるタウンワークやアイデムなどが求人誌です。
無料で配布されているので、アルバイトを探す時なんかに、
ふと手に取ったことがある人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

ただ正社員を探す時には、あまり求人誌を利用している人は少ないかもしれません。

 

 

 

正社員の転職先を探す時には、ネットの求人広告を利用する人も多いかもしれません。
無料で登録が出来て、あなたが希望する条件を絞って転職先が探せるので非常に便利です。

 

 

 

 

 

 

主なネット求人広告としては…

 

 

 

リクナビNEXT
マイナビ
エン・ジャパン
DODA

 

 

 

などがあります。

 

 

 

 

僕が転職の時に利用したのは、マ◯ナビです。(伏せ字にする意味あるのかな…)

 

 

 

ただ、正直求人広告の仕組みを考えると、
ブラック企業に入ってしまう可能性は否めないかなと思ってしまいます。

 

 

 

 

求人広告の仕組みについて理解しておこう!

 

まず求人広告は、人材を募集している企業が広告費を払って、
リクナビNEXTやマイナビなどに求人を掲載をしています。

 

 

 

リクナビNEXTやマイナビに関しては、
募集をしている企業の募集要項を確認をして、
求人誌やネット上に求人を載せています。

 

 

 

僕達のように仕事をしたいと思っている人が、
気になる企業に応募をしようと思った時は、
直接企業に連絡をして応募することになります。

 

 

 

これが、求人広告の一番の罠だと思っています…!

 

 

 

転職エージェントと違って、間に誰かが介入してくれる訳ではなく、
自分自身で企業に応募することになるので、
ハッキリいって全ては自己責任という捉え方になります。

 

 

 

求人を掲載しているリクナビNEXTやマイナビとしても、
広告費はもらっているので人が応募することは反響があったことになります。

 

 

 

もし、その企業がブラック企業であったとしても、
広告費を払ってもらっているので掲載しない訳にもいきません。
掲載しないという手段を取ることも非常に難しいことです。

 

 

 

だからこそ、正直求人広告にはブラック企業がわんさか混じってます!!

 

 

 

僕もその犠牲者の1人です。
ただ、もちろん求人広告を利用するメリットもあるので、
メリットとデメリットを合わせてお伝えしますね。

 

 

 

求人広告を利用するメリット・デメリット

 

 

メリット

求人数が非常に多い
自分のタイミングで転職活動が出来る
条件を絞って検索出来る

 

 

デメリット

ブラック企業も含まれている
条件交渉などが難しい
トラブルがあった時に自分で対応しないといけない

 

 

 

求人広告を利用するメリットとしては、やはり求人数が多いことです。
もちろんデメリットにもあるようにブラック企業も含まれてしまいますが、
それだけ求人の数は豊富であるということは言えます。

 

 

 

また転職エージェントを利用する場合、どうしても転職エージェントの担当者と
やりとりをすることになるので、中には転職を急かされてしまった…という経験を
したことがある人もいるかもしれませんが、求人広告は全て自分のタイミングで動けます。

 

 

 

ただ、逆に言えば全て自分でやらなければいけないため、
給料交渉をしたり、入ってから仮にトラブルがあった時にも全て自分で解決しないといけません。

 

 

 

このような時に転職エージェントの存在は非常に助かります。

 

 

 

僕個人としては求人広告で探して入った職場がブラック企業だったこともあり、
正直そこまで求人広告で転職先を探すことはオススメはしませんが、
人それぞれに合う合わないはあると思いますので、色々試してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

求人広告であればこちらがよく聞かれる会社です↓

 

リクナビNEXT
マイナビ
エン・ジャパン

 

 

 

27歳の僕がパワハラ会社で鬱病になってしまった話」も見てみて下さい!