企業の面接マナーについて

不合格をもらわないために知っておきたい企業の面接マナー!

企業の面接で気をつけておきたいマナーについて

 

企業の面接の際には暗黙の了解となっているような細かいルールがあります。

 

 

 

 

 

 

もし、それを知らないまま面接へ行ってしまうと、面接開始1分で不合格決定…
なんてこともありますので、しっかりとルールとマナーを把握しておきましょう!

 

 

 

面接場所に到着したら?

コートはオフィスビルに入る前に脱いでおきましょう。
受付に声を掛けるのは5〜10分前がベストです。

(早すぎるのも先方の仕事を止めてしまうのでNGです)

遅刻してしまう場合は必ず事前に連絡を入れましょう。
面接場所に入る前に身だしなみチェックをしておきましょう。

 

 

 

受付の到着したら?

受付の方に明るく挨拶をしましょう。
面接に来た旨を伝え氏名と担当者の名前を伝えましょう。
受付に行く前に必ず携帯電話の電源はOFFにしましょう。

 

 

 

控室に案内されたら?

指定された席で静かに待ちましょう。
席を指定されていない場合は下座に座りましょう。
バッグは椅子の上でなく足元に置くようにしましょう。
面接前にアンケートに記入することもあるので筆記用具は必須です。

 

 

 

担当者が入ってきたら?

面接の部屋に担当者が入ってきたら立ち上がって挨拶をしましょう。
挨拶の際に「本日はお時間を頂きましてありがとうございます。◯◯と申します」と付け加えましょう。
第一印象がとにかく大切なので目を見て明るく挨拶をしましょう。

 

 

 

面接が始まったら?

担当者からお掛けくださいと言われるまで座ってはいけません。
背筋を伸ばして姿勢を正して面接に望みましょう。
担当者の質問に対してハキハキを明るく答えましょう。
相槌、うなずき、アイコンタクトのコミュニケーションも大切です。
焦って担当者の質問に被せて答えてはいけません。
質問に対しては結論からまとめて答えるようにしましょう。

 

 

 

面接が終了したら?

面接が終了したら「本日はありがとうございました」をお礼を言って経ちましょう。
エレベーターに乗ってからも気を抜かずオフィスを出ても100mくらいは気を貼っておきましょう。

(会社の近くには社員がウロウロしているケースも多いです。)

 

 

 

 

面接マナーのまとめ

 

面接時には気をつけておきたいポイントがいくつかあります。

 

 

 

僕自信、今の会社にはいる前にブラック企業を経験したことがあるのですが、
ブラック企業では面接マナーはそこまで必要ないくらい軽い面接でしたが(汗)、
通常の企業の面接では入室時から退室時まで細かくチェックされています!

 

 

 

 

事前準備は、入念にしておくことに越したことはありません。

 

 

 

 

もしあなたが面接への不安がある場合は、
個人的には転職サイトに登録をして転職活動していくことをオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

転職サイトでは必ず転職エージェントの担当がついてくれるので、
面接の直前にかなり入念に面接対策をしてもらえます。

 

 

 

 

僕はこの対策があって、面接でも気持ちに余裕を持つこが出来ました。
ちなみに僕が利用したのはリクルートエージェントです。

 

 

 

リクルートエージェントは転職サイトの中でも業界NO.1の求人数に加え、
面接におけるノウハウもしっかりと持っているので安心してサポーを受けられました。

 

 

 

もし面接に不安がある人にはオススメです。